おまとめローンとはどのような契約なのか

おまとめローンとは複数の債務を一本化する契約のことです。(おまとめローン)よって、複数の借入先への返済を行っていたものを、一箇所へと集中的に返済を行っていくことになります。特徴は現状よりも金利を小さくできる可能性があることです。複数の借金があった場合、金利だけで借金が大きく膨らんでしまいがちですが、おまとめローンを利用することで金利が小さくなり返済の負担も減らすことができます。返済管理が楽になるのもおまとめローンの特徴です。返済先が多くあると管理が大変となり、時には返済期限を過ぎてしまうなどの失敗をすることもあるはずです。また、次々とやってくる返済日が精神的な負担にもなってしまい兼ねません。そういった時もひとまとめにしてしまうことで管理が楽になり、返済のタイミングも安定することで精神的な負担も小さくできることでしょう。

しかしながらおまとめローンは良い点ばかりでなくデメリットもはらんでいます。よく理解して利用しないと失敗をしてしまいますので注意が必要です。デメリットに、まず金利が小さくならない可能性があることです。元の借入先と比較して、一見すると安くなっているように見える場合でも、実はそれほど安くなっていないことがあります。そもそもおまとめローンを利用する場合、多重債務になっており貸し倒れリスクをはらんでいる人という扱いになります。そういった人に対しては金利を上限ぎりぎりまで高くして契約をすることもありますから、実際はそれほどメリットは得られていないことがあるのです。引き直しのチャンスを逃してしまう可能性があるのもデメリットのひとつです。グレーな金利での借金をしていた場合、利息制限法に基づいた計算によって引き直しができることがありますが、おまとめローンを組んでしまうとグレーな金利で膨れた残高のまま計算をします。即ち返ってくるはずのお金まで支払う羽目になってしまいますので、結果的に損をすることになる可能性も否めないのです。

おまとめローンを比較する時のポイント

おまとめローンを比較する時、一番重要になるのは金利です。おまとめローンの特徴として、借入額が高額になるということがあげられます。借入額が高額になる時、ATM手数料などはあまり気にならなくなります。それよりも、利息の負担をできるだけ減らすということが重要になります。300万円を借りていた時なら、高い金利で借りていると返済総額が500万円を超えてしまうということも珍しくありません。少しでも金利が低いところで借りるということがポイントになります。しかし、2社から20万円ずつを借りていて、1社で40万円を借りなおすということもありますので、必ずしも金利が一番重要であるとは限りません。40万円くらいならば、30日間無利息というサービスがある大手の消費者金融などでおまとめをしたほうがメリットがあるかもしれません。

翌月にボーナスが出て40万円を一括返済できるのであれば、30日間無利息のサービスがある業者で借りることが一番メリットが出る方法でしょう。おまとめローンは審査がとても厳しいことが有名なので、審査に通るかどうかも重要になります。住宅ローンを借りている場合には、まずは住宅ローンを借りている銀行を検討してみましょう。優遇金利が適用される可能性が高くなります。優遇金利が適用されるための条件としては、住宅ローンを借りているということの他に給料振込みの口座に設定している、投資信託を利用しているといった条件がよくあげられます。地方銀行では特に、昔からの付き合いがある客に対しては優遇をする傾向があります。おまとめローンを比較する時、ATM手数料はそれほど気にならないことも多いです。おまとめローンは一度借りたら後は毎月決まった金額を返済していくタイプのものが多いからです。しかし、銀行カードローンなどをおまとめローンとして利用をする場合で、頻繁にATMを利用する予定の人は、手数料も比較ポイントとしておきましょう。

おまとめローンはまずは相談してから

おまとめローンを借りるなら、まずは相談から始めましょう。おまとめローンは審査の難易度が高いので、とりあえずは申し込みをしてみるということも1つの選択肢です。返済が困難になる可能性が高い人は、そもそも審査には通らない傾向があります。しかし、申し込みをするだけでも個人信用情報に記録が残るので、資金操りが悪化している人は債務整理なども検討をしてみてから、おまとめローンのほうがメリットがあると判断できた時に申し込みをするようにしたほうが良いです。おまとめローンのデメリットとしてよくあげられるのが、過払い金がある場合には余計な利息がかかってしまうというものです。例えば、100万円の借金があって、過払い金が100万円あるとしたら、すでに借金はゼロになっています。

しかし、ここでおまとめローンをしてしまうと、100万円に対して金利がかかり続けますので、利息分を損してしまいます。過払い金がある場合には、先に弁護士や司法書士に相談をしたほうが良いです。年収が800万円、勤続年数10年以上という属性の良い人で、2社から100万円ずつを借りているという状況にある人なら、返済が困難になる可能性は低いので、おまとめローンを組んだほうがメリットがあるでしょう。年収が300万円、3社から50万円ずつを借りているという人は、おまとめローンをするよりも債務整理をするべきかもしれません。個々の状況によってどの選択肢をとるべきかは変わってくるので、専門家のアドバイスを受けることが一番です。クレジットカードのショッピング枠については、消費者金融ではおまとめができません。しかし、銀行のカードローンやフリーローンを利用するなら、クレジットカードのショッピング枠も対象にできます。ショッピング枠でもリボ払いや分割払いにしていると借金と同じであり、手数料が15%程度かかってくるので、一緒におまとめできるようならしてしまいましょう。

カードローンの金利を比較したいなら

 

カードローン会社が設定している金利に関しては、表記されている数字の大きさだけで比較するのではなく、現実にキャッシングしたときに定められる金利を検証することが肝要となります。勤めていない主婦であっても、「総量規制」適用外の銀行でお金を借りるというふうにすれば、在籍確認は携帯電話だけで済みます。言うまでもなく、配偶者の仕事場に電話連絡があるということもないです。キャッシングの申込方法には、電話を通じて行なうものと郵送を通じて行なうものの2パターンがあるわけですが、ここ最近はパソコンや携帯などを駆使して、ウェブ上で申込みする方法が大半を占めています。「今の状況にある自分がカードローンの審査をパスすることが可能かどうか」頭を悩ませてしまいますよね。そんな人のために、「審査にパスできない人のプロパティ」をご案内したいと思います。

どの企業のカードローンを選択するのがお得なのか比較する際に、押さえておくべきポイントは「無利息期間はどの程度あるのか」、「即時振込ができるのかできないのか」、「収入証明無しでも申し込めるかどうか」の3点です。審査があっという間で、即行で借り入れすることが可能な消費者金融をランキング化して紹介しております。現金が欲しいという時に、簡単に現金を得ることができるのは本当に有難いものです。銀行系ローンの一種であるフリーローンの強みは、他の金融機関よりも低金利であるということです。利用限度額も高めで、借り主側としても殊の外ありがたいと言えます。カードローン運営業者を比較する段階で、確かめていただきたいポイントをご案内したいと思います。「カードローンを利用したいけど、キャッシング業者を決められない」と頭を痛めている人は確認してみてはいかがでしょうか。審査を通過するのが比較的困難な銀行系のフリーローンは低金利ですから、消費者金融が管理しているフリーローンを利用して借金するより、ずいぶん返済の総額を少なくすることが可能です。

カードローンの借り換えを検討する場合は、金利水準がどの程度下がるかも大切ですが、そのこと以上に必要最低限の貸付をしてもらえるかどうかが肝心です。キャッシングしなければならなくなったときに、理解しておくべき基礎知識は何個かあるわけですが、特別大切になってくるのが総量規制でしょう。総じて銀行が推しているフリーローンは低金利になっており、借り入れ金額にも年収の1/3までなどの規制はかかりませんので、とりわけ高額の融資を望んでいる方に向いています。カードローンの金利を比較したいなら、利率の「上限」と「下限」を分けて行なうことが必須です。それと言うのも、金利は「借りた金額次第で異なってくる」というルールだからです。借入の際、収入証明書を提示するよう義務づけているのは貸金業法という法律ですから、消費者金融にてキャッシングを申し込む場合は、収入証明書を求められるわけです。カードローンの借り換えの最大のメリットは、間違いなく利息を減らせることです。現実的には一回契約を済ませたカードローンの適用利息は、契約中はそうやすやすと下げてもらえません。